誰でも「仕事が出来る人」に変わる文章化メソッド

f:id:x-sk:20201219015527j:plain

 

こんにちは。

どんな仕事に就いている人でも、避けては通れないのが文章作成です。

しかし、実際にはきちんと出来ていない人が多いのです。

なので今回は、誰でも「仕事が出来る人」に変わる文章化メソッドについて書いていきます。

それでは、見ていきましょう。

 

なぜ、文章を書けない人は仕事ができないのか「文章を書けない人は仕事ができない」その理由は「人を動かすことができないから」です。

会社での仕事というのは、全て文章で動いています。

例えば、代表の戦略、商品のPR、請求書、社内制度…など。

そして、これらの意思決定のために準備されるモノもまた文章です。

特に上の役職者になるほど、文章をまとめて提案する機会は増えていきますね。

一方、若手であっても、新しい提案をするには口頭だけではなく、わかりやすい文章が必要になります。

 

仕事というのは1人で完結するものではなく、多くの人と連携することが必要です。

人を動かすには、文章にして提案・共有するプロセスが必須なのです。

「市場価値が高い人というのは文章を書く能力が高い」つまり、市場価値が高い人になりたい、成長したいと思うなら文章力を磨く必要があるということですね。

できる人に変わる文章化メソッド「文章力とは何か?」それは「情報を構造化する力」です。

しかし「構造化」という言葉がわかりにくいため、分かるようにお伝えすると、「文章力とは文章を読んだ人に『なるほど!それでいこう』と言わせる文章を書く能力」と、言う事です。

そして99%の人が「人に『なるほど!それでいこう』と言わせる文章」を書けないとのこと。

文章力のメソッドは、4つの項目にまとめられます。

<主張パート>・解決したい問題・解決策

<理由付けパート>・選択肢・選んだ理由主張と理由に分けられた2つのパートの4項目を、以下の順番で埋めていきます。

 

《文章作成メソッド》

①解決したい問題

②選択肢

③選んだ理由

④解決策各項目でやるべきことについて、解説していきます。

 

①解決したい問題

 

仕事で文章を書くというのは、何か問題解決をしようとしているからです。

つまり何かを主張して、それを理解・納得してもらって、次のアクションをとることがゴールです。

そのため、まずは解決したい問題をまとめます。

仕事のアウトプットというのは、どの「問題を解くか」で決まります。

わかりやすい文章は、必須能力であるもののあくまで武器であり、その武器でどの敵と戦うかが重要だそう。

例えば、弱すぎる敵刹那(問題)だと手柄にならないし、反対に強すぎる敵(問題)だと倒せません。

ここでは、例として「自分のいるマーケティング部の忘年会イベント企画を頼まれた新入社員」を想定して文章を作成していきます。

まず、仕事ができない人というのは「忘年会をやること自体」を目的としてしまいます。

問題解決目線がなく、受け身な、やらされ仕事です。

どんな仕事でも、問題定義をすることが大切です。

問題定義をすることで、受け身を避けられます。

このケースでは、解決したい問題を「マーケティング部署で働く社員同士の信頼関係が低いこと」と設定します。

 

f:id:x-sk:20201219015536j:plain

 

 

②選択肢

 

解くべき問題を決めた時点で、ある程度「このように解決したらいい」という目星がついているかもしれません。

それでも、改めて手段を洗い出す必要があります。

それは、人がパッと思いついたことには、必ずと言っていいほど思考の抜け漏れがあるから。

加えて、他人に説明するときにも「他にも選択肢がある中でこれを選びました」と言えると説得力が格段に高まるためです。

そのため、他の選択肢がないかを考えます。

今回のケースで「マーケティング部署で働く社員同士の信頼関係が低いこと」に対する解決策の選択肢としては、以下が挙げられます。

 

・部長に質の高いスピーチをしてもらう

・一人ひとりに仕事への思いを語ってもらう

・1年を振り返る動画を作成する

・お酒を飲んでざっくばらんに語り合う

 

どれか1つに絞る必要はありませんが、どれを優先するかは決めましょう。

メインコンテンツを決めておき、人に提案する際は3〜5つの候補を出しておいた方がいいようです。

 

③選んだ理由

 

選択肢が出揃ったら、どれが1番良い解決策なのかを決めます。決めるときに重要な要素となるのは、前提条件や背景です。今回のケースでは前提条件として、以下があるとします。▫️使える予算はほぼない▫️イベント時間は2時間▫️これまでのやり方と変えたいこのような前提情報をまとめておきます。そして、その上でどれがベストかを決めましょう。選択の判断プロセスを細かくやると、比較項目を洗い出して「○、×、△」をつけていってもいいです。

「この方法でもいいけれど、ここまでやることはあまりない」その理由は「このプロセスを通さなくても、納得できる理由を作れるから」からです。

今回のケースでは解決策として、「一人ひとりに仕事への思いを語ってもらう」を選んだとします。ここに、以下の2つの理由付けをします。

 

◆前提条件を満たすこと◆

 

自分の言葉で本気で語り合うことが信頼関係を気づくために最も重要だから上記のように2つの理由付けする事によって、分かりやすくなるのです。

 

④解決策最後に解決策を書き出します。

 

ここでは、具体的にどうやるのか補足して書くとなお良いです。

「一人ひとりに仕事への思いを語ってもらう」のであれば、より具体的に以下を付け加えます。

・5人でチームを組んで1人5分ずつ

・今年自分が本気で取り組んだ仕事というテーマで

・話した後は10分意見交換の時間をとって

・最後にチームで1人代表を決めて全員の前で話をするこのようにすると、より納得してもらいやすくなります。

文章化メソッドで、なぜ納得してもらえるようになるのか?

文章化メソッドを使って提案をすると、なぜ納得してもらいやすくなるのでしょうか。

その理由は、以下の2つです。

・解決したい問題が明確になっているから

・選択肢が網羅されているからこの2つが重要です。

反対に、どちらかが欠けると「なるほどね」と言わせる文章は作れないということです。

まとめ今回の文章作成メソッドを簡単にまとめると、以下の通りです。

 

《文章作成メソッド》

・解決したい問題を考える

・選択肢を網羅して洗い出す

・選んだ理由を加える

・解決策を提案する

 

この記事を参考に、納得してもらいやすい文章作成を意識してみましょう。

保険見直しラボで保険見直しをするとこんなメリットがあります!

f:id:x-sk:20201231213958j:plain

 

みなさんは、保険に加入されていますか?

また、加入していない場合でも保険に興味はおありですか?

 

本日は保険に加入することのメリットも含め、加入中の保険を見直しすることがどれだけプラスなのかを説明していこうと思います。

是非参考にしてみてください!

 

 

【保険に加入することのメリットとは?】

 

保険には積立や生命保険、医療保険など様々な種類があります。

目的としては、ほとんどの方が自分の将来のため、もしものことのために加入するものだと思います。

例えば、積立の場合です。

これは老後に供えるという意味でも非常に重要な保険となっています。

これからの時代、年金が支払われるかもままならない状況なので貯蓄は非常に重要ですからね!

保険として積み立てをしてしまえば、自ら貯金をするという行為をせずに貯金の形を取れるので便利です。

私もそうですが、自分で貯金をすることができません。

なので、このような手段を取るのはありかもしれませんね!

また、医療保険などのようなもしものための保険も重要です。

万が一、怪我や病気をして仕事ができなくなった場合、稼ぎがなくなるのでそこの補填が必要です。

保険に入っていれば、それが可能になるので、もしも対策ができます。

つまり、保険に入ることで自分が守られます!

安心して生活できるというのが保険の最大のメリットです。

 

しかし、そんな保険にも落とし穴があります。

それは、商品が多すぎてどれが良くてどれが悪いのかの判別が難しいことです。

それに、良い保険をFPが進めてくれるかも微妙なところです。

ほとんどの人は、保険の知識が浅いのでカモにされることが多いので、自ら勉強をしカモられないよう対策をする必要があります。

 

でも、正直面倒くさいですよね?

ただでさえ保険の知識がないのに、今から勉強しようなんて言われても無理ですよね?

 

そんなあなたにおすすめのサービスがあるのです。

 

それをこれからお伝えします。

 

f:id:x-sk:20201231214013j:plain

 

 

【保険見直しをFPにおまかせ!】

 

 

保険見直しをするにしても、知識が必要です。

しかし、今から勉強するのは正直面倒くさい。

でしたらプロのFPに相談してしまうのがお勧めです!

無料相談できる上に、保険の知識を熟知したFPが最高のプランを紹介してくれるからです。

ちなみに、保険見直しだけでなく保険にこれから加入しようと考えている方にもお勧めできます。

今後の不安定な世の中でどの保険に加入すべきかなどを明確に教えてくれるからです。

 

また、保険見直しをすることで今よりも良いプランで今よりも安くなる可能性もあります。

最初にも言いましたが、保険商品はたくさんあります。

なので、新しい保険且つ今よりも良いプランの保険もどんどん出てくるのです。

同じようなプランだったとしても月々の料金が安いのであればそちらを利用した方が良いですよね?

 

ですから、是非一度相談してみてください!

  

 

【無料】保険相談&簡単アンケートで選べるギフト♪

 

 

頭の良い人の口癖

f:id:x-sk:20201219013619j:plain

 

みなさんの友人や同僚のなかには、

「頭がいい」

「賢い」

と高い評価を受けている人もいるかと思います。

そんな人は、周囲から頼りにされたり尊敬の的になったりと、何かにつけて大きな存在感を持っているものですよね。

「自分もあんなふうに “頭がいい” と思われたい」と憧れを抱いている方も多いはず。

でもよく考えてみると、「頭がいい」という言葉は定義がとても曖昧です。

学校であれば、たとえばテストの点数などで比較することもできます。

しかし、必ずしも勉強の成績がいい人だけが「頭がいい」というわけではありませんよね。

ビジネスの世界であるならばなおさらです。

では、頭がいい人の条件とは具体的にどんなものなのでしょうか。

今回は、3つの項目に分けて詳しく解説していきます。

 

1.頭がいい人は「質問の意図が明確」 「頭がいい人」の1つめの特徴は、質問の意図がいつも明確であることです。

たとえば、あなたは 「この企画についてどう思いますか?」というような、ざっくりとした質問の仕方をしていないでしょうか。

実は、相手を迷わせてしまう「頭が悪い」質問の仕方なのです。

なぜならば、質問の意味としてあまりに広すぎるから。

訊きたいのは企画内容の “おもしろさの話” なのか、“予算の話” なのか、“実現の可否についての話” なのか、さまざまなテーマが考えられてしまいます。

『できる人は必ず持っている 一流の気配り力』の著者、安田正氏によると、こうした意図の曖昧な訊き方をすると、相手はどう答えていいものかわからないため、うまく話を引き出せなくなる恐れがあるのだそう。

ものを尋ねるときには、なるべく質問内容の範囲を狭め、相手が負担なく答えられる言葉を選ぶことが重要です。

今回の場合は、

「この企画、おもしろいと感じましたか?」

「予算は足りそうでしょうか?」

「実現までに、どんな問題が考えられますか?」というようなものが、正しい質問の仕方になります。

 

f:id:x-sk:20201219013705j:plain

 

2. 頭がいい人は「一言でまとめられる」

 

また、複雑な物事を一言でいい表せることも、頭がいい人の特徴です。

もしあなたが「“教養” という言葉について説明してください」といわれたら、一言でスパッと答えられるでしょうか?

多くの人は、 「教養というのは、歴史や哲学、文学など、さまざまな分野の知識のことで、単なる “知識” とはどう違うかというと……」というふうに、なかなか説明がまとまりきらないはず。

一言でまとめるのは、物事の本質をとらえ、かつ、それを簡潔な言葉に凝縮するための語彙力が必要であるため、じつはとても高度な技術なのです。

『新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法』の著者・侍留啓介氏がお手本として紹介しているのが、ジャーナリストの池上彰氏による「教養」の定義です。

池上氏は、「教養とは、自分について知ること」と、じつに簡潔な言葉で表現しています。

たしかに、歴史や哲学などについて学ぶのは、突き詰めれば、自分が暮らしている世界はどんなものなのか、また自分とはどのような存在なのかを知るためといえますから、まさに言い得て妙な定義です。

このように、難しいことや複雑なことを「○○とは、××である」というようにスパっと言い表されたら、この人の話はわかりやすいな、と感心してしまいますよね。

一言で表現する力を磨くには、『大人の文章術』などの著者で国語講師の吉田裕子氏が紹介する要約トレーニングが活用できます。

このトレーニングは、ひとまとまりの文章を「話題」「結論」の2項目に要約するというシンプルなものです。

「話題」は「この文章は何について述べているのか」、「結論」は「結局どのようなことがいいたいのか」をそれぞれ指します。

 

そして、要約の教材として吉田氏が推奨するのは新聞です。

特に社説は、ひとつの記事のなかで必ずひとつの主張を述べているため、要約の練習にはぴったりなのだそう。

また、社説以外の記事を要約する場合は、冒頭にリード文がついている記事を選べば、自分の要約と照らし合わせることで “答え合わせ” をすることができます。

 

3. 頭がいい人は「『なぜ?』と問い続ける」

 

3つめの特徴は、常に「なぜ?」という疑問をもち、物事の原因を深く問うことです。

ある事象の原因を考えるときに使えるフレームワーク(思考の型)として、「なぜ?」と5回問いかけるという方法を紹介しています。

「なぜ?」と繰り返し問い、本質的な原因を深掘りすることは、問題を根本的に解決するためには不可欠のことなのだそうです。

たとえば、「なかなか思うようにお金が貯まらない」という問題について、このフレームワークを使ってみましょう。

 

【問題「お金が貯まらない」】

・なぜ→「外食が多いから」

・なぜ→「自炊をするのが面倒だから」

・なぜ→「仕事から帰った後は疲れているから」

・なぜ→「毎日残業続きだから」

・なぜ→「残業しなければ仕事が終わらないから」

 

この例では、お金が貯まらないという問題を深掘りしていくと、「残業しなければ仕事が終わらない」という原因に行き当たることがわかりました。

したがって、

「残業しなくても済むよう業務を効率化する」

「週に一度くらいは早めに仕事を切り上げて帰る」などの対策によって、外食に使うお金を減らすことができるのではないかと対策を考えることができます。

また「自炊が面倒」という点を解消するには、

「土日にまとめておかずを作り置きする」

「レトルトや簡単レシピなど、手軽に作れるメニューを取り入れる」などの工夫も考えられるかもしれません。

いずれにせよ、「なぜ」を5回問うというこのフレームワークによって、問題の解決策を効率よく導けることがおわかりいただけたかと思います。

頭がいい人たちは、こういったフレームワークを自分の中にストックしているものなのだそうです。

使い慣れたフレームワークがあることで、新しい物事について考えるときにもゼロから考え始める必要がないため、速く、かつ正確に思考を進めることができるのです。

まとめ 「質問の意図が明確」 「一言でまとめられる」 「『なぜ?』と問い続ける」 頭がいい人に共通する、3つの特徴をご紹介しました。

まわりから一目置かれる存在になれるよう、今回ご紹介した方法をぜひ実践してみてくださいね。

JHR転職エージェントなら、学歴不問だって良い職につける?

f:id:x-sk:20210115231032j:plain

 

転職をお考えですか?

 

でしたら、JHR転職エージジェントは非常にお勧めできます。

 

それはなぜなのか?

今から解説していきます。

 

【内定獲得率92%】

 

JHR転職エージェントの利用者の内、内定率はなんと92%です!

非常に高い内定率だと思います。

それに、この内定率は学歴不問であってもこの内定率ということです。

つまり、エージェントとしてのサービスが素晴らしいということですね!

 

 

【満足度96%】

 

昨年の実績ですが、JHR転職エージェントの満足度は96%と非常に優秀です。

その理由は内定、入社後のサポートが非常に充実しているからです。

転職させることも大事ですが、転職してからも大事です。

 

そのようなアフターフォローが充実している、JHR転職エージェントだからこそ上記のような満足度が得られるのだと思います。

 

 

【紹介できる企業が多数ある!】

 

JHR転職エージェントは、紹介できる企業が非常に多く、なんとその数5000件以上です。

しかも、その中にはもちろん上場企業や有名な企業もあります。

ですから、転職先で悩むこともないと思います。

自分の力を伸ばすことに専念できますね!

 

f:id:x-sk:20210115231050j:plain

 

【JHR転職エージェントの強み】

 

 

1、カウンセリングが丁寧

 

どんな相談でも親身かつ献身的な対応をしてくれます。

プロの目線で不安解決策を導きだしてくれるので、非常に安心です。

 

 

 

2、応募書類添削

 

自信を持って一歩を踏み出せるよう自己PRなどのエントリシートの添削を行ってくれます。

応募したい企業が好印象を持つ書類を作成してくれるようなので、最初の時点で有利にコマを進めることが期待できます。

 

 

3、面談対策

 

面談をする際、下記のような悩みを抱える人が多いと思います。

・緊張して上手く話せない

・アピールできることがない

・目線を合わせることが苦手

 

しかし、問題ないです。

JHR転職エージェントは不安を自信に変えて面接に望めるよう、プロの面接テクニックを伝授してくれます。

なので、今不安でも後々感じなくなるはずです。

中には面接が楽しくなってしまう人もいるんだとか!

 

JHR転職エージェントを利用すれば、企業に転職できるだけでなく、人間的にも大きな成長を遂げられそうですね!

 

ということで以上です。

 

転職をお考えの方、是非一度相談を受けてみるといいと思います。

 

JHR転職エージェント

 

 

 

ポジウィルキャリアのマンツーマン指導で最高の転職を!

f:id:x-sk:20201231181830j:plain

 

職場を変えたいと思っていますか?

また、それはなぜですか?

「転職をしたい!」

ともう方って、現在においては非常に多いのです。

ただ、それでも理由は様々で単純に辛いというのもあるし、将来性を心配してというのもあります。

しかし、大事なのはやめる理由ではなく辞めた後です。

当然ですが、辞めた後の対策を何かしらしておかないと稼ぎがなくなり生活ができなくなります。

なので、辞める前に転職先を探すなどのような何かしらの対策を取らなければまずいです。

でも、そう考えた時、多くの方が頭を抱える悩みがあります。

それは、

「やりたいことがわからない」

「目標がわからない」

「どんな職につけばいいのかわからない」

などといった悩みです。

上記のような悩みを抱える人は多いのですが、その大半が解決しないまま次の職に転職してしまいます。

その場合、転職先が運良く自分にあっていればいいですが、ほとんどの場合前回と同じような道を辿ってしまいます。

 

今回紹介しようと思っているサービスは、そのような悩みを繰り返さず、その人に合った最高の転職先を自分自ら選べるようにするための力を育めるようになるサービスです。

 

その名もポジウィルキャリア!!

 

今から、ポジウィルキャリアのサービスを受けることがどれだけお得かを紹介していきますので参考にしてみてください。

 

 

【自己分析能力が養われる】

 

ポジウィルキャリアでサービスを受けた場合、自己分析能力が非常に養われると思います。

なぜなら、ポジウィルキャリアのサービスを受けることで自分の心の声を引き出すことができるからです。

「自分はどうすればいいのか?」

「自分はどうしたいのか?」

「自分にはどんな能力があるのか?」

 

それらを自分で見つけ出すことができます。

自己分析能力は、今も今後も確実に必要となるスキルです。

 

《自己分析をした上での選択=自分がやりたいこと、自分がどうしたいのかの核心を得ている》

 

ですからね!

絶対に持っておいた方が良いスキルです。

 

f:id:x-sk:20201231181945j:plain

 

 

【どんなトレーニングを行うのか?】

 

実際にポジウィルキャリアではどんなトレーニングを行うのか?

それをいまか解説していきます!

 

 

“「こうあるべき」を解きほぐす”

 

日本人は自分の選択ができる人が基本少ないと思っています。

なので、誰かとの比較や古くからの固定観念によって「こうでなくちゃ」という見えない正解に縛られている人が多いのです。

正解なんて人それぞれです。

決まった答えなんてありません。

自分の道は自分で決めるべきです。

ポジウィルキャリアでは、それぞれが自分らしく歩める力を育むためのトレーニングをしてくれます。

 

 

“ポテンシャルを引き出す”

 

自分の強みややりたいことを引き出すためのトレーニングをしてくれます。

それによって、あなた自身も気づいていなかった可能性に気付けたりするのです。

方法は対話だそうですね!

 

 

“知識と自分の武器のインプット”

 

自分の家庭環境や過去の経験をヒアリングし、今の自分はどのようにして作られたのかを見つけだします。

その上で、「自分はこれからどうありたいのか」を明確にし軸にする。

そして、業界知識や職務経歴書・面接のスキルをインプットしてくれます。

 

 

以上です。

興味ある方は是非一度無料のカウンセリングを受けてみてください。

 

 

 

 

 

仕事が出来ない人の見た目

f:id:x-sk:20201219004715j:plain

 

 

仕事ができない人は、外見に無頓着です。

仕事ができる格好なら、何でもよいと思っています。

スーツ・ベルト・ビジネスシューズなどは、最低限のもので済ませようとする。

今回は、仕事が出来ない人はどんな見た目をしているのか書いていきます。

仕事が出来ない人の見た目外見に無頓着なので、だらしない様子は至るところに表れます。

 

【【例】】

・スーツにしわが寄っている

・シャツに汚れがついている

・ネクタイが歪ゆがんでいる

・鼻から鼻毛が出ている

・肩にはふけが落ちている

・歯が汚れている

・肌が荒れている

・髪はぼさぼさ

・口臭がくさい

・スーツ・ベルト

・ビジネスシューズの経年劣化が激しい

 

だらしない外見でも、仕事さえできれば評価されると思われがちですが、現実は違います。

外見は、仕事に影響します。

清潔感が足りないと、相手に不快感を与えることがあります。

せっかく仕事ができる人であっても、外見に問題があると、なかなかビジネスチャンスが回ってきません。

不潔な外見は、不快感だけでなく、不信感にもつながります。

やはり整った外見のほうが、仕事ができる印象を与えます。

外見を磨いているほうが、周りから信頼を得やすくなり、ビジネスがスムーズになるでしょう。

気づかないうちに、仕事運を上げる効果があるのです。

仕事ができる人は、お金と手間暇をかけて外見を磨きます。

顔を変えることはできなくても、清潔感や身だしなみなら、努力しだいで改善が可能です。

「外見も投資対象」「外見を磨くことも仕事の1つ」「できるだけ仕事ができそうな外見を演出したい」身だしなみへの意識が高く、少しでも外見を整えようとします。

衣類のしわや汚れには注意する清潔感のある髪型にする食後はきちんと歯を磨く上記がその例えです。

仕事ができる人は、清潔感を意識するのは当然余裕があれば、仕事ができそうな印象を与えるためにお金や手間暇をかけます。

 

・スーツ

・ベルト

・ビジネスシューズにお金をかける

・クリーニングにお金をかける

・スキンケアにお金をかける

 

外見が立派で魅力的だと、仕事ができそうに見えます。

知識や技術など、中身に投資することも大切ですが、外見や身だしなみなど、見た目に投資することも大切です。

「魅力的な人」「近づきたい」「一緒に仕事がしたい」と思われるようになるはずです。

まとめ人間の最初の印象は【見た目】です。

少々お金がかかっても、外見が磨かれ仕事に生かされるなら、投資の意味があるでしょう。

なので、仕事が出来る、出来ないの前に「仕事が出来る人」の見た目になる為に、外見の[自己投資]からしっかりとしていきましょう。

ほけんガーデンなら、全国どこでも質の良い相談ができる!

f:id:x-sk:20201227231907j:plain

 

 

こんにちは。

 

本日は、保険に関する記事を書いていきます。

 

保険に加入をお考えの方、保険に加入している方、是非今回の記事を読んでみてください!

きっと参考になると思います。

 

【保険ってそもそも理解が難しい!】

 

保険は約款や法律、告知内容や保障対象など難しい言葉が乱立するため、 自分で見極めて見直しや加入をするのは正直難しいでしょう。

 

そんな中、 お金のプロであるFPに保険相談ができる保険代理店のサービスが広まっています。

しかも、無料でです!

そして、ほけんガーデンは保険代理店の中でも、FPの事務所や個人のFPと提携して相談員を訪問先へ派遣するサービスになります。

 

なので、日本全国相談可能です!

 

また、忙しい方でも利用できるような柔軟な対応も行っているようです。

例えば、相談日程や時間の柔軟性です!

どちらにしろ柔軟に対応してくれると非常に嬉しいですよね?

日々忙しく、時間に余裕がない人には非常にお勧めできますね!

 

 

 

以下口コミは公式サイト上で掲載されていた口コミです!

 

【結婚して子供が生まれたので保険の見直しが必要と思いほけんガーデンさんにお願いしてみました。どんな人が来るのか不安でしたがお会いしてみると、とても気さくな女性の担当者さんですごく安心しました。】

【子供の学資保険を考えていたので 出費が増えるな、と悩んでいたところを今入っている保険を見直したら補償はそのままで保険料が下がったのでその分を学資に充てることができました。】

 

ほけんガーデン(保険ガーデン)が支持される理由とは!?

 

ほけんガーデンでは、他の代理店とは異なるサービスを提供しており、 それが支持される理由へと繋がっています。

以下でほけんガーデンが支持される理由を紹介します。

 

夜間や土日祝日でも、保険相談に対応してくれる

 

保険代理店の中には商業施設内に設置されている関係上、夜間の相談に対応してもらえない、あるいは土日祝の相談予約が できないこともあります。

てか、よくあります。

相談を検討している人の中には平日夜まで仕事があり、 時間が取れない人もいると思うのです。

そのような方へ向けたサービスでもありますね!

ほけんガーデンでは、スタッフが実際に相談者の指定する場所へ足を運んでくれますし、 夜間や土日祝日も対応してもらえます。

保険の見直しを検討されている方は、 保険ガーデンは非常にお勧めできます!

 

是非、ご相談してみてはいかがでしょうか?