結婚でお悩みなら、パートナーエージェントを調べてみてください!非常におすすめできるプランがあります!

f:id:x-sk:20210118203026j:plain

 

こんにちは。

本日は、結婚でお悩みの方向けの記事となります。

 

「最後の独身友達が結婚」

「年齢的にもそろそろ」

「親からのプレッシャーが…」

等々、人によって様々な悩みがあると思います。

しかし、悩んでいても始まりません。

悩んでいるうちにどんどんと時間が過ぎていき、気付けば独り身。

なんてことがないように今からでも対策をしておくのが賢明でしょう。

 

では、具体的にはどんな対策をするのが良いのでしょうか?

 

それはずばり、結婚相談所に相談することがベストだと思います。

そして今回は、私がおすすめする結婚相談所を紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

【結婚相談所なら、パートナーエージェントがおすすめ!】

 

婚活を本気でしたいと思っているのであれば、パートナーエージェントは非常におすすめできます。

なぜなら、他企業に比べ成婚率が明らかに違うからです。

パートナーエージェントは婚活の結果を出すことにこだわっていることから、 他社結婚相談所の約2.3倍、 一般婚姻率の約4.5倍の成婚率を実現しているそうです。

 

ただ、他の企業でもサービスの質が良いところは正直たくさんあると思います。

言ってしまえば、パートナーエージェント以上のサービス提供をしている企業もあるかもしれません。

 

しかし、重要なのは「どんなサービスを提供してくれるのか」ではなく、「どのくらいの成婚率があるのか」だと思うのです。

 

どんなにサービスが良くても、成婚できなければ無駄金で終わってしまうのですから。

 

aですかr、成婚率が高い実績を持つパートナーエージェントこそおすすめできる結婚相談所ということになります。

 

f:id:x-sk:20210118203036j:plain

 

《結婚を本気で考えた人と出会える!》

 

パートナーエージェントには真剣な思いを叶えるために確立したオリジナルのシステムが組まれています。

 

それは、結婚に本気&希望条件に合った人に出会える無駄がないシステムです。

 

そのシステム内容は下記で説明します。

 

 

【【安心安全】】

 

パートナーエージェントには、身元がはっきりしている人しか登録できません。

また、登録の際に収入や学歴などの証明書などが必須なので条件を満たした理想の方とすぐ出会えると思います。

まさに無駄のないシステムですね!

 

 

【【希望にあった出会い】】

 

先ほども言いましたが、パートナーエージェントのシステムは条件を満たしている方としっかりマッチングできます。

なので、出会い系サイト、マッチングサイトのように運任せという形ではありません。

なので、会う人会う人が運命の人になりうるのです。

 

 

 

 

以上です。

 

結婚で悩んでいる方、興味がある方は是非一度資料請求からでもしてみてください!

 

 

 

自己投資の重要性を理解しよう!

f:id:x-sk:20210117125515j:plain

 

みなさんは、投資と聞けばどんなものを思い浮かべますか?

株式投資ですか?不動産投資ですか?それともFXですか?

ほとんどの方は上記のような投資を思い浮かべるのではないかと思います。

しかし、初心者がこういったものにいきなり投資をするのは危険です。

 

なぜなら、自分でコントロール出来ない事が起きた時に対応できないからです。

 

上記の投資を行う事は悪くはないですが、まずは稼いでから余剰資金でやるべきだと思っています。

 

なので今回は、もっともリスクが少なく、もっとも大きなリターンが見込める投資について書いていこうと思います。

その投資とは、自己投資です!

 

今回は自己投資について書いて行き、自己投資の本当の意味・重要性を理解して、自己投資マインドを身につけて大きなリターンを得て頂きたいと思います。

 

 

自己投資って具体的には?

 

一般的に自己投資とは、自分に対して投資をすることをいいます。

要は、自分の将来のために今のお金と時間を使うことです。

例えば、インターネットビジネスで言えば稼ぐために、

 

・教材を買う

・コンサルを受ける

・行動する

・実践する

・経験を積んでスキルをあげる

 

などがあります。

 

その結果、自分が成長して、お金を稼げるようになります。

 

f:id:x-sk:20210117125537j:plain

 

自己投資の本当の意味とは一体何?

 

自己投資は大きく分けると2つの側面があります。

一つは金銭的投資

そして、もうひとつは、時間的投資です。

 

この2つの投資をして初めて自己投資といえます。

 

今では、インターネット検索を使えば、多くの情報が無料で手に入りますが、これに慣れてしまってなんでも無料で手に入れようとする人がいます。

しかし、無料の稼ぐ系の情報にはほとんど情報価値がありません。

有料のものにこそしっかりした情報が書かれていることが多いです。

本でもなんでもそうですよね!

価値ある情報にはお金を支払う必要があるのです。

 

人間誰しも寿命があり、時間は有限で限られています。

だったら最初から自己投資をして、実践して、目標に最速で到達した方が良いですよね。

 

さらに、他の人が自己投資をして実践している中、自分だけしないで成果を出すのは、無理があると思います。

インターネットビジネスに取り組む最大の理由は、時間付きのお金を手に入れて、スローライフを満喫する事なので、より早く実現させる為の行動をするべきです。

 

その手段のひとつが、自己投資なので積極的にやりましょう。

 

以上です。

 

もしあなたが、お金を稼いで自由なライフスタイルをおくりたいのであれば、今ある時間とお金を投資することが出来るかどうかだと思います。

対価を伴わない報酬はない!

という言葉がありますが、自由なライフスタイルを送るためには、今の時間とお金を投資する必要があります。

 

それが、ごく自然な事だと思います。

 

なので、今日から自己投資をしっかりしていきましょう!

 

 

生命保険と損害保険とでは、何が違うのか?

f:id:x-sk:20210116223845j:plain

 

今後の生活において保険は入っておくべきか否か?

私はなんらかの保険には入っておくべきだと考えます。

なぜなら、今後は何が起こるかわからない不安定な世の中になっていくからです。

というか、もうなっていますよね!

例えば、現在流行のコロナウイルス ですが、かかってしまったら仕事をすることはできませんよね?

そんな時、会社が全額負担してくれれば良いのですが、そうでない会社の場合、当たり前ですが給料は減ります。

そうなることで、生活が困難にならないとも限らないですよね?

自分は大丈夫だろうなんて思っていると、いずれは自分に降りかかってくるものです。

 

ですから、何かあった時のために備えておくことは非常に大事なことだと思います。

そのために「保険」の加入を進めているのです。

ただ、一口に「保険」といっても、多くの種類がありますよね?

なので今回は、保険の種類について解説していこうと思います。

保険も、知識がない状態で契約してしまうと訳のわからない保険に加入してしまう可能性があるのです。

ですから注意してください。

今回は、保険で代表的な「生命保険」と「損害保険」について書いていこうと思います。

これらは、似ているようで全然違う保険であり、間違えて契約してしまうとただの無駄です。

ですから、今回で生命保険と損害保険の違いについてしっかり勉強しましょう。 

 

 

生命保険と損害保険の違いは?

 

生命保険と損害保険の違い、それは対象が「人」「モノ」かです。

生命保険は「人」、損害保険は「モノ」に関わる保険になります。

 

生命保険は病気やケガ、死亡などのアクシデントによって自分や家族の生活が経済的に困難になった時に使えます。

そのような状況になった時、まとまったお金を受け取れるように備えるのが「生命保険」です。

要は、人の命に関わる損失を保障してくれる保険のことですね!

 

生命保険は、死亡時にお金を受け取る保険だと思っていませんでしたか?

実は違います。

生命保険は、死亡時にお金を受け取る保険だけではなく、加入者の健康状態を対象とした商品を作るなどして、範囲を広げたりもしているのです。

その際たる例が、病気やケガをしたときに必要な入院や手術費用をカバーしてくれる「医療保険」や、介護状態になったときに保障を受けられる「介護保険」などです。

また、将来必要となる資金を準備することを目的とした保険もありますね!

 

たとえば、

老後の資金を積み立てる「年金保険」

子どもの教育費を準備する「学資保険」

などです。

生命保険という名だけあって死亡時用の保険と思いがちですが、非常に幅は広いので

す。

 

f:id:x-sk:20210116223915j:plain

 

一方、損害保険はどうでしょう?

損害保険は偶発的な事故や災害によって発生した「モノ」に関わる損害を補償する保険になります。

例えば、自動車保険は運転者や事故の被害者、対物事故の物的損害、所有する車自体に生じた損害などに備える保険です。

もう1つ代表的な保険として、建物や家財を天災のリスクから守るための「住まいの保険」もあります。

火災、風水害、盗難などに対する「火災保険」と地震や噴火、それを原因とした津波などによる破損などに対する「地震保険」などは有名ですね!

また、最初に損害保険は「モノ」が対象といいましたが、例外もあります。

それは、損害保険にも人の身体を対象とする「傷害保険」です。

補償内容は生命保険の内容とよく似ていますが、傷害保険は損害保険の一種になります。

ただ、この保険は偶然の事故や災害によるケガ・入院などでなければ保険金は支払われないので、間違えないようにしなくてはなりません。

 

以上です。

 

もっと保険の話を聞きたいという方は、是非一度保険の無料相談を受けてみるといいと思います。

今回紹介する保険相談所は生命保険担当なので、生命保険のことをジャンジャン聞いてみるといいと思いますよ!

 

 

生命保険 相談

不動産投資にはこんなメリットがあるんです!

f:id:x-sk:20210115193906j:plain

 

今回は不動産投資のメリット、デメリット の「メリット」について書いて行きたいと思います。

不動産に興味がある方、これから始めてみようという方は是非最後までお付き合いください。

 

【入居者がいれば毎月の定収入が確保できる】

 

不動産投資の一番のメリットは、安定した入居がつくようになれば 毎月の収入源を確保することができる点です。

たとえば、定年までに家賃が8万円のローン完済済みマンション3戸を保有することができればそれだけで老後の年金に不安を抱かずに毎日を過ごすことができるようになります。

 

 

【【不動産投資ローンによるレバレッジ効果がある】】

 

不動産投資が他の投資と比べて最も特徴的なのは、ローンが組めるという点です。

数十万円~数百万円の頭金さえ用意できれば、あとは毎月の家賃でローンや税金を支払っていくことで、キャッシュアウトをせずにローン完済への道筋が立つことになります。

 

・自己資金をおさえて投資を実行できるため、100万円の資金で3000万円の物件を買うというような レバレッジ効果(てこの効果)を期待できます。

投資ローン融資の審査が通りやすいサラリーマンの方にとっては、自身の属性を最大限に活かした投資手法と言えるでしょう。

 

 

【【【ミドルリスク・ミドルリターンの投資手法】】】

 

不動産投資は、少ない自己資金で毎月の家賃というリターンを確保できる一方で 他の投資と比べて値動きが比較的ゆるやかで、現物なので価値がゼロになる心配も極めて少ないというメリットがあります。

数百万円のまとまった資金が必要で、資産価値がゼロ円やマイナスになってしまう可能性がある株やFXに比べると、ミドルリスク・ミドルリターンの投資手法といえるでしょう。

 

 

【【【【不動産投資は節税効果が期待できる】】】】

 

不動産投資には節税効果もあります。

不動産購入後1年~2年は諸費用が発生するため、所得税の控除が受けられるケースが多く、高所得者にとっては大きなメリットとなります。

また、新築アパート投資においては、物件の金額が大きく建物の減価償却スピードが22年とマンションの減価償却期間47年に比べて早いため、毎年数百万円単位の費用を発生させることができます。

所得税だけでなく、不動産購入には相続税の負担を軽減することができるというメリットもあります。

平成27年相続税改正があり、相続税の課税対象者比率が平成26年以前の倍近くまで増加することとなりました。

それに伴って、相続税対策としての不動産投資のメリットが改めて見直されています。

 

f:id:x-sk:20210115193913j:plain

 

 

【【【【【生命保険の代わりとしても活用できる】】】】】

 

不動産投資で一番の懸念はローンを無事に完済できるかという点です。

不動産投資を始めたあと、不慮の事故や予期せぬ事態が起こった際にも、できるだけ家族には負担や迷惑がかからないようにしたいと考えられているかと思います。

こういったローン返済におけるリスクに備えて、団体信用生命保険というものに加入をしておけば、返済期間中に本人が亡くなってしまった時や重病になってしまった際にローンの債務免除が受けられるため、家族に不動産資産と毎月の家賃収入を残すことができるようになっています。

また、最近は団体信用生命保険も進化してきており、3大疾病やがんになった時も保障を受けることができるようになってきていますので、生命保険の代わりとして不動産を活用することを検討している方も増えてきています。

 

【】【】不動産は現物資産なのでインフレリスクにも強い【】【】

 

金融政策においてはインフレ率が目標2%に設定されています。

インフレ下では現金の価値が目減りしてしまいますので、預貯金で持っていると毎年価値がインフレ率分だけ下がってしまうことになります。

不動産投資を行っている場合、物件価格や賃料はインフレに連動しているので、インフレの下でも資産価値を損なうことなくインフレリスクから資産を守ることができるというメリットがあります。

 

以上がメリットです。

 

不動産投資にはさまざまなメリットがありますね。

 

 

ご興味がある方は是非一度不動産投資について話を聞いてみると良いと思います。

 

 

第二新卒エージェントneoならフリーターの方でも安心できる!!

f:id:x-sk:20210113011507j:plain

 

 就職活動をしたい!と思っても、自分がフリーターだった場合は一歩下がってしまいますよね?

 

なぜなら、ほとんどの日本の企業は経歴を重視するということを自分自身が分かっているからです。

例えば、前職が銀行員の人と、フリーターだったら第一印象はどちらの方が良いですか?

 

おそらくほとんどの人が前者を選ぶと思います。

 

自分がどんなに優秀だろうと、フリーターなのであれば経歴は褒められるようなものではありません。

 

なので、落とされる確率が高いのです。

 

そう考えると、フリーターの人は就職が困難でよっぽど優秀なスキルがない限り、就職など到底無理であろうと考えるかもしれませんね!

 

 

しかし、そんなフリーターを救うような企業があるのです。

 

その名も、第二新卒エージェント!

 

今回は、そんな第二新卒エージェントのサービスについて解説していこうと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

 

【日本マーケティング機構による調査でNo.1】

 

就職転職の相談のしやすさNo.1

面接対策満足度No.1

就職転職満足度No.1

 

【就職成功者多数輩出!】

 

第二新卒エージェントneoのサービスを受け、就職に成功した方の数はなんと15000名以上もいます。

非常に素晴らしい実績ですね!

記載されている数字が事実なのであれば、非常に信頼できる企業だと思います。

数字は裏切らないですからね!

 

 

f:id:x-sk:20210113011548j:plain

 

 

【未経験OK求人が多い!】

 

第二新卒エージェントneoは未経験OKの職をたくさん抱えています。

その数なんと5000件以上です!

その中から職の選択ができるので、フリーランスながらも良い職につける可能性が高まります。

 

 

 

第二新卒エージェントneoはこんな方にお勧めです!』

 

◯企業をどう選んだらいいのかわからない

◯面接が苦手

◯社会人経験がないので、就職できるかが不安である

◯自己PRのやり方がわからない

◯履歴書の書き方がわからない

 

 

上記のような方には非常いにお勧めです。

 

 

フリーランスだったけど、これからは働きたい!」

などと思ったそこのあなた、是非だいに新卒エージェントの説明を受けてみるといいと思います。

 

 

第二新卒エージェントneo

株式投資こそ最高の安定投資?

f:id:x-sk:20201219020418j:plain

 

こんにちは。

 

今回は株式投資について説明します。

副業を始めるに当たって一番手軽で身近なものは、 FXや株です。

簡単にいうと株式に投資です。

 

今回はその投資について、株式投資について書いていきます。

株式投資は 「配当金」や「値上がり益」等の利益を得る為に、 企業が発行する株を売買する投資方法です。

株というと、難しいイメージを持っている人も多いと思います。

初心者にとって、今後株価の上がる銘柄を見極めるのは 簡単なことではありません。

しかし、基礎知識を身につけ、情報収集をしっかり行うことで、 初心者でも株式投資で資産運用することは可能です。

株価は「板寄せ方式」と「ザラ場寄せ方式」 決まるのですが、 要は取引開始前に決まるものと 取引中に変動するものがあるというだけです。

簡単ですが、株価がどのように決定されているか 大体わかったところで 次に初心者がどうすればいいのか簡単に書いていきます。

 

①株価が右肩上がりのチャート 株価は、一度上昇トレンド(株価が上昇している傾向)を形成すると、 その方向に進みやすい傾向があります。

その上昇トレンドに乗ることで、株価の値上がり益が期待できます。 中長期で株価が右肩上がりの銘柄は、 その銘柄に予期せぬ悪いニュースが出ない限りは、 株価上昇し続ける可能性が高いです。

 

 

f:id:x-sk:20201219020438j:plain

 

 

②知っている会社 株の銘柄は4000以上あります。

その中でどれが良いのか絞るのは大変なので、 自分の知っている会社または、その系列で攻めてみましょう。 自分の知っている会社、または系列であれば情報も仕入れやすく、 善し悪しが分かりやすく、 スムーズに決断をすることが出来ます。

 

③投資資金を2銘柄以上に分ける ひとつのところに突っ込むのは、 予期せぬ事態が起きたときにリスクがあります。

2銘柄以上にして、リスクを回避しましょう。

初心者の方は少額でも株を買うことの出来るものもありますので、 自分の興味・関心がある銘柄で 買ってみて慣れていきましょう。

年収180万円以下の貧困層から抜け出して勝ち組になる唯一の方法

 

 

f:id:x-sk:20201219020118j:plain



 

現在日本は、平均年収180万円未満のアンダークラス層、 貧困層が拡大していて、約920万人いると言われています。

政府は、正社員と非正規社員の格差を解消するために、2020年4月から同一労働同一賃金を施行しますが、恐らく、同一労働同一賃金によって、非正規の賃金が正社員の賃金に近づくのではなく、非正規の賃金に正社員の賃金が近づくことになるでしょう。

つまり、現在でも約920万人いるアンダークラス層が 今春から施行される同一労働同一賃金によってさらに拡大するわけです。

正社員で300万円、月収25万円を稼げる人は少なくなるでしょう。

金融庁は、老後・年金だけで生活するのは不可能なので、年金とは別に2000万円の貯蓄が必要だということを発表しましたが、はっきり言って2000万円の貯蓄なんて夢のような話で、同一労働同一賃金の施工後は、生活するだけで精一杯で まったく貯金ができないという人で溢れることになります。

年収300万円未満の世帯では過半が貯金ゼロの状態 金融広報中央委員会の調査によれば、年収300万円未満の世帯で貯金ゼロ世帯は54パーセント。

 

過半数が貯金がゼロであると回答しています。

年収300~500万円世帯でも 全体の30パーセントが貯金がないと回答。

金融庁の報告書にあるように、 つみたてNISAやイデコなどの投資をしたくても、お金が生活費に消えてしまって、投資の原資がまったくないというのが実態です。

労働収入に頼った生活からの脱却 資本主義では不動産や金融資産を持つものが勝つ。

つまり、労働収入ではなく不労所得を得ている人だけが富むことがわかっています。

例えば、 株式投資では、 キャピタルゲイン (株を売ることで得られる収益) インカムゲイン (株を持つことで得られる配当収入) を得ることができますが、 労働収入に頼った生活をしている人は、こういった収入を得ることが出来ません。

時間の切り売りでしか収入が得れないので、資産形成ができないわけです。

 

だからこそ、将来、生活に困窮しないためには、 不労所得を得る手段を確立することが絶対に必要です。

投資の元手を確保する方法 不労所得を得るには、投資の元手が必要になります。

 

年収300万円ぐらいで元手を確保するのは厳しいですが、 決して難しいことではありません。

 

投資も元手を確保するには、 収入ー支出=貯金(投資の元手) になるので、収入を増やす、そして支出を減らすことを考えましょう。 投資の元手を確保する方法 不労所得を得るには、投資の元手が必要になります。 年収

300万円ぐらいで元手を確保するのは厳しいですが、 決して難しいことではありません。 投資も元手を確保するには、 収入ー支出=貯金(投資の元手) になるので、収入を増やす、そして支出を減らすことを考えましょう。

 

収入を増やすには、副業をする、アルバイトをすることがお勧めです。

 

副業としては、転売やせどりアフィリエイト、動画編集などが人気で 月収10万円ぐらいであれば余裕で稼ぐことができます。 また、現在、人手不足でアルバイトの時給が高騰しているので、 確実に稼ぎたければアルバイトという手段もよいでしょう。

 

支出に関しては、絶対に無駄があるので、お金の使い方を見直してください。 酒、タバコ、趣味を捨てる。

 

人付き合いも最小限にとどめる。

また、住んでいる部屋が広いとついものを増やしたくなるので、 狭い部屋に引っ越しをしてミニマリストのような生活をすることも大事です。

 

そして、お金が少しでもできたら投資に回していくことを考えてください。 将来の豊かな生活を実現するために、頑張っていきましょう!